Tai and Associates
menu

Concept

・ボリュームの分節
都市のスケールに応じて、建物のボリュームを分節し、
馴染み易いスケール感のものとする。
・質感のある佇い
木とコンクリートの素材を用いた構成により、
量感を持ちつつも、柔らかな印象の佇いとする。

Comment

耳鼻咽喉科と住宅を併用した建物です。一階には駐輪場と駐車場を確保し周辺の患者さんの利用を重視したスペースとりをしています。2階診療所エントランスにはゆったりとした階段にてアプローチします。またエレベーターによるホスピタリティーも取り入れた設計となっています。診療所待合には、対面する公園の桜を見ながらゆったりとした居間のイメージにて設計を行いました。お子様の多い耳鼻咽喉科としてキッズスペースも確保しているので、お母さんも安心して付き添いができます。またレストスペースには赤ちゃん用の介護ベットも完備していることなど、まさに患者さんを優先したホスピタリティーの設計を行っています。

 

Data

計画敷地
神奈川県川崎市
用途 Purpose
耳鼻咽喉科+住宅
家族構成 Inhabitant
夫婦+子供1人
階数構造 Composition
地上4階
敷地面積 Lot Area
198.74m2 (60.12坪) (2139.22sqf)
建築面積 Bldg. Area
122.76m2 (37.13坪) (1321.38sqf)
延床面積 Total Floor Area
406.36m2 (122.92坪) (4374.02sqf)
工期工程 Construction Schedule
設計:7ヶ月/工事11ヶ月
プロデュースProduce
ザ・ハウスThe House
施工会社 Constructor
佐藤秀
Photo Photographer
Seiichi Ohsawa Seiichi Ohsawa

Media

  • これからの住宅をデザインする方法

Other Works

Clip:0